教員紹介

サイトトップへ戻る

ジョナサン・ルイス (LEWIS, Jonathan)

教授 、1965年生
地球社会研究専攻:地球情報論(政治学)

http://www.lewis.soc.hit-u.ac.jp
研究室:第2研究館4階411
オフィスアワー:水曜12:00~13:00 (事前にメールで予約してください。)


主要研究領域

政治学、情報社会学、ソーシャルメディア研究、

現在の研究テーマと今後の抱負

(1) 各国・地域におけるソーシャルメディア上の政治コミュニケーションに関する実証研究
(2)オンラインデータを利用した、戦争に関する歴史認識に関する研究
(3)ソーシャルメディアの言語地理学(ウクライナと日本)

担当科目

大学院:

専攻 分野/科目群 番号 科目名 学期 曜日 時限
地球社会研究専攻メディア4819Online media studies5
地球社会研究専攻メディア4820Media research methods5
地球社会研究専攻地球社会研究4827地球社会研究 I2
地球社会研究専攻地球社会研究4832地球社会博士特論通年5
地球社会研究専攻連携大学院実践科目4839インターンシップ I春・夏1
地球社会研究専攻連携大学院実践科目4840インターンシップ II秋・冬1
地球社会研究専攻リサーチ実践4841リサーチ演習 I春・夏1
地球社会研究専攻リサーチ実践4842リサーチ演習 II秋・冬1
地球社会研究専攻プロジェクト実践4845プロジェクト演習春・夏1
研究科共通科目先端社会科学4724先端課題研究17通年4
大学院ゼミナール

学部:

科目区分 番号 科目名 学期 曜日 時限
科目群外講義47315Online Media Studies5
科目群外講義47316Media Research Methods5
学部後期ゼミナール

学歴

1987年 6月 オックスフォード大学Oriel College 文学学士課程終了
1990年 5月 スターリング大学大学院博士課程入学
1993年 9月 同大学大学院博士課程「登録のみ」
1990年12月 日本語能力試験第一級 合格
1994年 6月 シェフィールド大学大学院に移籍
1998年 5月 同大学院卒業

学位

哲学博士(シェフィールド大学大学院・東アジア研究所)

職歴

1985年 9月 ドイツ・サーランド州立ギムナジウム 英語助手(1986年7月まで)
1987年 7月 埼玉県立浦和高等学校英語助手(1989年7月まで)
1994年 3月 東京大学社会科学研究所日本社会研究情報センター準備室助手(1996年2月まで)
1996年 6月 東京大学社会科学研究所日本社会研究情報センター助教授
1999年 4月 東京電機大学理工学部助教授
2002年 4月 一橋大学大学院社会学研究科 助教授
2008年 4月 一橋大学大学院社会学研究科 教授(現在に至る)

主要業績
A.著書・共著等

・Helmut K. Anheier and Mark Juergensmeyer (ed.) Encyclopedia of Global Studies, Sage, 2012.3.1
・ジョナサン・ルイス、中満 泉、ロナルド・スターデ編『紛争解決の国際政治学:ユーロ・グローバリズムからの示唆』(共編著), ミネルヴァ書房, 2010.2.10
・山内進編『フロンティアのヨーロッパ』(共著), 国際書院, 2008.3.31
・一橋大学社会学部編『市民の社会史ー戦争からソフトウェアまでー』(共著), 彩流社, 2008
・大芝 亮・山内 進編『衝突と和解のヨーロッパ:ユーロ・グローバリズムの挑戦』(共著), ミネルヴァ書房, 2007.3.31
・木村正俊・中尾正史編『スコットランド文化事典』(共著・編集委員), 原書房, 2006.11.3
・Susumu Yamauchi, Ryo Oshiba and Kazuyasu Ochiai (ed.) Conflict and Settlement in Europe (co-author), Centre for New European Research, Hitotsubashi University, 2006.03.29
・『市民・組織・英知』(共著), NHK出版, 2002
・『ブロードバンドで学ぶ英語』, 光文社新書, 2002
・『インターネットで日本語はどうなるか』(共著), 岩波書店, 2001

B.論文(94年以降)

・“The Use of Ukrainian and Russian on Facebook Pages of Governmental Organizations in Ukraine” (co-author) 『言語文化学会論集』 通巻46号, p.47-61, 2016.7
・“Borders of Identity and Actual Language Use in Ukraine: An Analysis of Geotagged Tweets” (co-author) Japanese Slavic and East European Studies 36(), p.77-97, Japanese Society for Slavic and East European Studies, 2016.6
・“The Performance of Twitter’s Language Detection Algorithm and Google’s Compact Language Detector on Language Detection in Ukrainian and Russian Tweets” (co-author) 富山国際大学紀要 8(), p.99-106, 富山国際大学, 2016.3
・「政治的暴力と語り : 内戦、議会、自動内容分析」(共著) 『一橋法学』 第14巻第2号, p.845-869, 一橋大学, 2015.7
・「Is Awareness of the ASEAN Community Spreading Beyond the Elite? — An Analysis of ASEAN-Related Indonesian Tweets」(共著) Randy Wirasta Nandyatama (ed.) Social and Cultural Issues in ASEAN: Proceedings of the International Conference on ASEAN Studies 2014 (ICONAS), p.213-228, ASEAN Studies Center, Faculty of Social and Political Sciences, Universitas Gadjah Mada, Indonesia, 2014.10
・“Studying Regional Variations in Globalization”『global-e: A Global Studies Journal』 第7巻第3号, 2013.9
・“The Role of Microblogging in OSS Knowledge Management”E. Petrinja, G. Succi, N. El Ioini, A. Sillitti編『Open Source Software: Quality Verification』, p.140-152, Springer, 2013.6
・“How Open are Japanese Open Source Communities? A Comparison of Responses to Newcomer Inquiries in Japanese and English User Support Forums” Journal of Economics: Memoirs of the Faculty of Law and Literature, Shimane University 37, p.21-28, 島根大学法文学部, 2010.11
・“Factors affecting the adoption of open source content management systems in Japanese universities” Hitotsubashi Journal of Social Studies 40(2), p.125-137, Hitotsubashi University, 2008.12
・“EU Frontiers and Human Trafficking” (co-author) Discussion Paper 42, Centre for New European Research, Hitotsubashi University, 2008.10
・“Globalization, Culture and Technology : The Case of Korean Machine Translation” Hitotsubashi Journal of Social Studies 35(1), p.17-28, 2003.7
・“Election posters in Japan” (co-author) Japan Forum 14(3), p.373–404, 2002
・“Language and the Information Revolution.”『社会科学研究』 第51巻第5-6号, 2000
・“Some Thoughts on Political Science, Science and Technology in the 21st Century.”『社会科学研究』 第50巻第2号, 1999
・“Japanese Policymaking for the International Space Station.” Japanstudien 7, 1995
・“Collision of Interests: The Role of the Ruling Party in Science and Technology Policy.” Japan Forum 6(1), 1994

C.翻訳

D.その他(94年以降)

〔口頭発表〕

・“Political Violence and Parliament in Nigeria”, American Political Science Association, 2016.9, Philadelphia
・“Decomposing Democracy in Studies of Civil War: Political Violence and Parliament in Nigeria”, 2016 Pacific Peace Science Conference, 2016.7, Doshisha University, Kyoto
・“Democratic Institutions and Civil War: A quantitative analysis of the reaction of the parliament and its members to the incidents of political violence in Nigeria”, International Studies Association Annual Meeting 2016, 2016.3, Atlanta, Georgia
・“ASEAN-Related Information Exchange by Indonesian Twitter Users”, 3rd Indonesia International Conference on Communication (Indo ICC), 2015.12, University of Indonesia, Jakarta
・“Legislature and Political Violence: The case of the Nigerian National Assembly”, Special lecture, 2015.12, Graduate School of International Relations, Ritsumeikan University, Kyoto
・“How the Japanese Public Regards Japan-ASEAN relations: Evidence from Social Media”, 13th Asia Pacific Conference (APC) "Societal Transformation in Asia Pacific: Charting the Waves of Change", 2015.11, Ritsumeikan Asia Pacific University
・「政治的暴力と議会—ナイジェリア国民議会上院を事例に—」, IPE研究会, 2015.05, 東海大学 代々木キャンパス
・“Tweeting About Japan-ASEAN Relations: An Analysis of Online Communication in Japanese by State and Non-State Actors”, JSA-ASEAN 2014, 2014.12, Thammasat University, Thailand
・“Online Communication About ASEAN in Indonesian”, International Conference on ASEAN Studies 2014 (ICONAS), 2014.10, Universitas Gadjah Mada, Yogyakarta, Indonesia
・“Political Opinion Surveys. Results of and Reflection on a Large-scale Online Survey in Japan”, European Political Science Association, 2014.6, Edinburgh
・“How global is globalization research? A study of co-authorship networks.”, Global Studies Consortium Academic Conference, 2014.6, Roskilde University, Denmark
・“The Materiality of Multilingualism in a Global City: A Language Map of Tokyo Tweets”, The Santa Barbara Global Studies Conference 2014, 2014.2, University of California at Santa Barbara
・“The Role of Microblogging in OSS Knowledge Management”, 9th IFIP WG2.13 International Conference, OSS 2013, 2013.6, Koper-Capodistria, Slovenia
・“Twitter use in OSS communities”, Hitotsubashi University OSS Workshop, 2012.2, Hitotsubashi University, Tokyo
・“Crises on Wikipedia”, UCSB Global Crisis Conference, 2012.2, Santa Barbara
・“Studying co-authorship in globalization research”, University of Illinois Graduate School of Library and Information Science, 2011.9, Urbana-Champaign
・“OSS Communities on Twitter: A Preliminary Network Analysis”, 2nd Open Source Research Workshop, 2011.9, Duksung Women's University, Seoul
・“The small world of globalization research”, UCSB Orfalea Center for Global and International Studies, 2011.1, Santa Barbara
・“How open are Japanese open source communities?”, 6th International Conference on Open Source Systems, 2010.6, University of Notre Dame
・“How open is the worldwide Plone community?”, Plone Symposium East 2010, 2010.5, Penn State University
・「グローバル化とオープンソースソフトウェア」, 東京メディフェス2009, 2009.9, 東京ウィメンズプラザ ホール
・“Open Source Software and Local Economic Revitalization”, Symposium and Workshop on Japan's Regional Society: Community Sustainability under Demographic Shrinkage, 2008.7, Sheffield University, UK
・“Plone in Japanese Higher Education”, Plone Symposium East, 2008.3, Penn State University
・“The political economy of open source software in Japan”, Lecture at School of International Studies, Jawaharlal Nehru University, 2006.3, New Delhi
・“The Effects of the French and Dutch No Votes on Scottish Politics”, 一橋大学COEプログラム国際シンポジウム「ヨーロッパと21世紀世界秩序」, 2005.9, 東京
・「Ploneで多言語サイトを作る(ポスター発表)」, 日本オーペン・ソース・コンファレンス, 2005.3, 東京
・「機械翻訳の社会的インパクト」, アジア太平洋機械翻訳協会(AAMT) 報告会・講演会(基調講演), 2002.6, 東京
・“Economic Competitiveness and Cultural Nationalism: The Character Encoding Controversies in Japan and Korea”, Joint East Asian Studies Conference, 2002.4, Edinburgh

〔書評・新刊紹介〕

・(書評) Matsumoto Miwao著 Kagaku Gijutsu Shakaigaku no Riron, 『Social Science Japan Journal 3(1)』, 2000

〔一般雑誌等への論文・記事等の掲載〕

・“JEITA Symposium 2002 - Report on Lecture by Dr. E.Hovy” AAMT Journal 33, 2002
・“Forming, Storming, Norming, Reforming.” Social Science Japan Journal 1(2), 1998
・“Review of Recent Works on Construction and Public Works.” Social Science Japan 10, 1997
・“The Internet: A Rational Choice?(共著)” Social Science Japan 5, 1995
・“Policy Networks and Two-Level Theory.” Social Science Japan 4, 1995

研究プロジェクト等(94年以降)

〔外部資金〕

・平成13年度 カシオ科学振興財団研究助成金, 「人文科学者ネットワーク向け制限言語の応用研究」(研究代表者), カシオ科学振興財団, 2001

受賞等

このページの一番上へ