社会学研究科の授業情報

サイトトップへ戻る

サイトトップ > 社会学研究科授業情報 > 社会学研究科講義科目

社会学研究科講義科目

※ 当該講義情報の詳細は 本学学務情報システム・学生ポータル CELS を参照してください。

総合社会科学専攻 人間行動研究分野 4303 B 秋・冬 火曜日3時限  2単位

社会情報論

担当教員:稲葉 哲郎
【教授言語】

日本語

【学部・学年の指定】

大学院生

【授業科目の目的と概要】

世論および世論とメディアの関係について理解する。

【授業の内容・計画】

第1回から第7回までは、世論および世論とメディアについて基本的理解を深める。講義担当者による講義が中心となる。

第1回 世論とは(1)
第2回 世論とは(2)
第3回 世論調査の方法(1)
第4回 世論調査の方法(2)
第5回 有権者の合理性
第6回 世論とメディア(1)
第7回 世論とメディア(2)
第8回 応答性

第9回から第13回は情報環境の変容が世論とメディアの関係にどのような影響を及ぼすかについて、英語の論文を輪読する。

第9回 議題設定
第10回 政治知識
第11回 沈黙の螺旋
第12回 第3者効果
第13回 研究法

参加者の既存知識により内容は変更することがある。

【テキスト・文献】

岩本裕. (2015). 世論調査とは何だろうか. 岩波書店岩波新書.

このページの一番上へ