社会学研究科の授業情報

サイトトップへ戻る

サイトトップ > 社会学研究科授業情報 > 社会学研究科講義科目

社会学研究科講義科目

※ 当該講義情報の詳細は 本学学務情報システム・学生ポータル CELS を参照してください。

総合社会科学専攻 社会動態研究分野 4105 B 秋・冬 金曜日4時限  2単位

国際社会学特論

担当教員:小井土 彰宏
【教授言語】

日本語

【学部・学年の指定】

大学院のみ、研究科の指定はない

【授業科目の目的と概要】

国際移民研究における90年代に登場したトランスナショナル視角からの研究は、次第に影響力を増しつつ、その分析アプローチを深化、精緻化するとともに、様々な展開を見た。
この講義では、この分野の先行研究を検討しつつ、研究上の論争の主要なissueを整理して、参加者と一緒に検討し、現代の越境過程の分析への応用について考えていきたい。
【授業の内容・計画】
授業の中での主要な研究上のissueあるいは検討課題

1)多様な社会科学的なコンセプト(gender, status, race)や変数との交差(inter-sectionality)の問題、
2)  経済社会学的な社会関係資本などの研究との連動
3) 2)に基づく多様な越境組織の形態についての検討
4) transnational flow, network を遮る境界強化の傾向との相互作用
5) 媒介アクターの発展と自発性・強制性
6) 多様な地域でのtransnational 視角の応用の差異

【授業の内容・計画】

1.歴史的な移民送り出しの構造と空間移動の経験的分析:非経済的な諸要因、社会的な文脈の重要性についての考察

北村暁夫 1998 「イタリアの移民 ヴェーネトからブラジルへ―世紀転換期におけるイ
タリア移民の一様態」 『移民 (近代ヨーロッパの探究 ① )』ミネルヴァ書房
第1章 

2.トランスナショナル視角へのイントロ

小井土彰宏1997「国際移民システムの形成と送り出し社会への影響――越境的な
ネットワークとメキシコの地域発展」小倉充夫編『国際移動論――移民・移動の
社会学』三嶺書房。
樋口直人, 2002「国際移民の組織的基盤――移住システムの意義と課題」『ソシオロジ』
社会学研究会。56-72頁。

3. 社会関係資本の概念

Coleman, James. 1988. “Social Capital in the Creation of Human Capital.” American
Journal of Sociology. 94 pp95-121

4.理論的なパースペクティブとしてのTransnationalismの提示

Schiller, Nina Glick. et al. 1992 “Transnationalism: A New Anlytic Framework for
Understanding Migration.” Schiller et al. Towards A Transnational Perspective
on Migration: Race, Class, Ethnicity , and Nationalism Reconsidered. Annals of New York Academy of Sciences

5.越境的社会と階層構造の交錯

Golding, Luin. 1998. “The Power of Status in Transnational Social Fields.” In Smith &
Guarnizo. pp165-195. Transnationalization from Below.

6.トランスナショナルな空間と国民国家の形成のダイナミックな相互関係

Schiller, Nina Glick. 2000. “Transmigrants and Nation States: Something Old and
Something New in the U.S. experiences.” Charles Hirschman. et.al. The Handbook of International Migration: The American Experience. Russel Sage Foundation. Pp93-119.

歴史的な構図を提示し有用だが、内容が多岐にわたり大きい論文。

7.冷戦後のnation states の再編成と越境的な関係

Brubaker, Rogers. 1996, “National minorities, nationalizing states, and external
national homelands in the New Europe.” Nationalism Reframed: Nationhood
and the National Question in the New Europe. Chapter 3 pp.55-76.


7.Transnationalism と関係しながら往々にして明確に差異化されないまま使われているDiaspora概念との連関を考察する。

Faist, Thomas. 2010. “Diaspora and Transnationalism: What kind of dance partners?”
R. Bauböck & Faist (eds.) Diaspora and Transnationalism: Concepts,
Theories and Methods. Amsterdam Univ. Press Chapter 1. pp9-34.

8.ポスト帝国時代のディアスポラの移動と意識

Cohen, Robin. 2008. “Labour and Imperial Diaspora: indentured Indians and the
British.” R. Cohen, Global Diasporas: An Introduction. Pp.61-80.

9.越境的社会と階層構造の交錯

Golding, Luin. 1998. “The Power of Status in Transnational Social Fields.” In Smith &
Guarnizo. pp165-195. Transnationalization from Below.

10. Gender とトランスナショナルな移動の関係

Morokvasic, Mirjana.2003 “Transnational Mobility and Gender: a view from post-war
Europe.” Crossing Borders and Shifting Boundaries Vol 1: Gender on the Move.
Morokvasic-Muller. Ed.

11. 第二世代における同化プロセスの不均等性

Levitt, Peggy & Mary C. Waters (eds.) 2002. The Changing Face of Home: The
Transnational Lives of the Second Generation. Introduction. Pp.1-30

12.Transnationalな文脈での政治実践のダイナミズム。

M.P. Smith. 2008. “The Regional State and the Politics of Translocality: The Napa-El
Timbginal Connection.” M.P. Smith. 2008. Citizenship across the Borders: The
Political Transnationalism of El Migrante. Cornell Univ. Press.

13, Transnational Social Fieldの比較社会学に向かって

Guarnizo, Luis & Michael.P. Smith. “The Location of Transnationalism.”
M.S. Smith & L. Guarnizo. Eds.Transnationalism from Below. Transaction
Publishers. Pp4-34
Or
FitzGerald 2017. “A comparativist manifesto for international migration studies.”
Ethnic and Racial Studies. Vol35 No.10. pp272-1740.

【テキスト・文献】

計画中にあり

このページの一番上へ