連続市民講座

サイトトップへ戻る

連続市民講座

一橋大学社会学部・読売新聞立川支局共催 連続市民講座 2014

再生と変容 ―移りゆく社会をとらえる―

一橋大学社会学部は、昨年度はお休みをしましたが今年度から再開します。全8回の連続市民講座を開催します。
いま、日本と世界はどこへ向かっているのでしょうか。社会や政治、経済や文化に関するこれまでの常識や理解は、20世紀末以来の混乱と模索をへて、その有効性を低下させてきました。他方で新しい方向性がゆっくりとではありますが、私たちの前にあらわしつつにもみえます。 この変化する時代をとらえられるための視点を本学部の強みを生かし幅広い角度から提示したいと考えています。
6回以上出席の受講者の方には、修了証を発行します。一昨年度同様、多くの市民の皆様の参加をお待ちしています。

開催期間(平成26年4月から12月まで)及び講師 

※下の表の各担当者名をクリックすると、研究科サイト内の教員紹介ページへ飛びます。

日程担当者タイトル
4月19日(土) 猪飼周平 教授 生活の再建 ―生きる力を保障する政策とは―
5月10日(土) 中田康彦 教授 教育改革の変容と教育再生
6月21日(土) 中島由美 教授 ことばと文化にみる再生と変容 ―沖縄と日本―
7月19日(土) 佐藤仁史 教授 「迷信」から無形文化財へ ―近現代中国における民俗文化の復興と変容―
9月20日(土) 石居人也 准教授 「東京」と向きあう地域社会の近代 ―多摩から考える―
10月18日(土) 福富満久 准教授 中東における米国の覇権主義と安全保障
11月15日(土) 宮地尚子 教授 心を護り、耕すということ
12月20日(土) 中北浩爾 教授 自民党政治の再生と変容

講座担当教員詳細(リーフレット裏面)

■会場

兼松講堂(一橋大学国立西キャンパス)

■時間

13:30~15:00

■参加方法

参加は無料。どなたでも入場できます。
当日、直接会場までお越しください。

■問い合わせ先

一橋大学社会学部事務室
TEL:042-580-8212

会場近辺の地図や講座担当教員の紹介が記載されたリーフレットが下記からダウンロードできます。

リーフレット [PDFファイル:3.4MB]

このページの一番上へ