本サイト 一橋大学機関リポジトリ(HERMES-IR)
キーワード の検索結果
136 件の関連する論文があります。

第11巻別冊

小林 多寿子 Tazuko Kobayashi
巻頭言 特集 森岡清美調査資料群と戦後の社会調査の展開
Preface Special Issue: Kiyomi Morioka Research Documents and the Development of Social Research in Postwar Japan
2019年11月 発行
[ 要旨 | 本文 ]


第11巻別冊

小林 多寿子 Tazuko Kobayashi
リサーチ・ヘリテージとしての森岡清美調査資料群――森岡調査資料との出会い―
Kiyomi Morioka Research Documents as Research Heritage: How We Encountered Them
2019年11月 発行
[ 要旨 | 本文 ]


第11巻別冊

森岡 清美 Kiyomi Morioka
石川県能登・中学生の作文に描かれた真宗寺院
Jodo Shinshu Temples, Described by Junior High School Students in Noto, Ishikawa Prefecture
2019年11月 発行
[ 要旨 | 本文 ]


第11巻別冊

桜井 厚 Atsushi Sakurai
フィールドワークはどのように行われたか――森岡清美の能登真宗教団研究調査の経験から――
How Was the Fieldwork Carried Out?
2019年11月 発行
[ 要旨 | 本文 ]


第11巻別冊

徳安 慧一 Keiichi Tokuyasu
森岡清美の調査資料からみる社会調査法の彫琢と社会調査教育――「業績にならなかった」調査資料群から――
The Debelopment and Education of Social Research Methods:Kiyomi Morioka's "Unreleased" Research Materials
2019年11月 発行
[ 要旨 | 本文 ]


第11巻別冊

庄子 諒 Ryo Shoji
調査される側にとって森岡清美の調査経験がもたらしたもの――1950年代の浄土真宗寺院調査にかんするリスタディから――
What the Experience of Kiyomi Morioka's Research Brought to Informants: A Restudy of Morioka's on the Jodo Shinshu Temples in the 1950s
2019年11月 発行
[ 要旨 | 本文 ]


第11巻別冊

桜井 厚(編) Atsushi Sakurai ed.
写真から見るフィールドの風景――奥能登、輪島市町野町の過去と現在――
Landscapes of the Research Field as Seen form Photographs: Oku-Noto, Past and Present
2019年11月 発行
[ 要旨 | 本文 ]


第11巻別冊

小林 多寿子 Tazuko Kobayashi
1950年代60年代の調査実践と研究キャリア形成――森岡清美の調査スタイル――
Research Practice and Research Careers in the 1950s and 1960s: Establishing the Research Style of Kiyomi Morioka
2019年11月 発行
[ 要旨 | 本文 ]


第11巻

萩田 翔太郎 Shotaro Hagita
「キャリコ裂き」の成立 ――18世紀初頭ロンドンの騒擾をめぐるステレオタイプの用法について――
The Formation of ‘Calico-Tearing’: A Study of the Uses of Stereotypes on the Riots in Early Eighteenth-Century London
2019年10月 発行
[ 要旨 | 本文 ]


第11巻

倉田 良樹 Yoshiki Kurata
構造化理論から知識の社会学へ(4)
From Theory of Structuration to Sociology of Knowledge (4)
2019年08月 発行
[ 要旨 | 本文 ]


このページのトップへ