在学生の皆さんへ

サイトトップへ戻る

一橋大学大学院社会学研究科 大学院生研究倫理規範

2015.11.11

〇はじめに

 本研究科において研究活動を行う大学院生はみな、学術研究を遂行する上での正しい手続き、研究倫理を身につけて、それらを遵守することが求められます。学術研究は、真実の探求を積み重ね、新たな知を創造する科学的な営みです。研究活動において不正行為があれば、それは科学への信頼を揺るがし、そのような科学への背信行為は、研究者の存在意義を自ら否定することを意味します。
 「一橋大学における研究活動に係る行動規範」および、本研究倫理規範を遵守しない者に対して、本研究科は厳格に対処します。

〇研究活動における不正行為の禁止

 研究活動において、以下のような不正行為をしてはいけません。

 
〇研究活動における倫理規範

 学術研究の成果は、公開されることにより、人類共有の財産として蓄積され活用されるものです。研究者各人は、学術研究が信頼性の上に構築されるものであることを常に自覚し、高い倫理観をもって研究活動に当たらなければいけません。
 研究活動には守るべき倫理規範があり、以下のような点に配慮をしなければいけません。