【講演会】Enriching Children’s Lives

11/08/2018 | イベント

「Enriching Children’s Lives」

2018年11月20日、時間:18:30~20:00 | PDF

ゲスト:野口晃菜さん(株式会社LITALICO)、高瀬 憲児さん(NPO法人ちゃいぼら)、大山 遥さん(NPO法人ちゃいぼら)
場所:3508教室、マーキュリータワー5階
言語:英語(通訳なし)

2016年度より開催されているJapanese Studies in English Lecture Series。本年度後期は「Contributing to Society」をテーマに、社会貢献に従事する様々なゲストを招いてトークイベントを開催します。第1回目のトピックは「Enriching Children’s Lives」。教育×福祉に従事する、3名のゲストにお越し頂きます。イベントの後に誰でも無料で参加できる懇親会を開催します。ご関心がある方、ぜひご参加ください!

講師紹介

野口晃菜 株式会社LITALICO執行役員
1985年生まれ。小学校6年生の時にアメリカへ渡り、障害児教育に関心を持つ。高校卒業時に日本へ帰国、筑波大学にて多様な子どもが共に学ぶインクルーシブ教育について研究。その後小学校講師を経て、現在障害のある方の教育と就労支援に取り組む株式会社LITALICOの執行役員・LITALICO研究所所長として、障害のある子ども8,000名への一人ひとりに合わせた教育の実現のための仕組みづくり、公教育や児童養護施設との共同研究などに取り組む。

高瀬 憲児 NPO法人チャイボラ 監事
1965年生まれ。三重県出身。TNクロス株式会社 取締役、NPO法人SVP Tokyo パートナー、NPO法人チャイボラ 監事。 東京大学工学部 非常勤講師、通信・電力系新規事業開発の本業の傍ら、社会起業家・団体の経営支援活動を行う。チャイボラとは団体立ち上げ期の支援を通じ、設立時に監事に就任、引き続き活動を側面支援している。

大山 遥 NPO法人チャイボラ 代表理事
(株)ベネッセコーポレーション・こどもちゃれんじ事業部のマーケティング部に7年間在籍。破棄される教材を施設に寄付しようと施設に問い合わせたことがきっかけで、施設の人材不足の問題を知る。「足りないのなら私が行く!」と退職し、夜間学校で資格取得を目指しながら施設で働き始める。そこで、施設への就職に関心のある学生と施設が繋がらない現実を目の当たりにし、クラスメイトと共に任意団体チャイボラを設立。今年の6月にNPO法人となり、活動範囲を拡大している。