社会学研究科の授業情報

サイトトップへ戻る

サイトトップ > 社会学研究科授業情報 > 社会学研究科講義科目

社会学研究科講義科目

※ 当該講義情報の詳細は 本学学務情報システム・学生ポータル Mercas を参照してください。

総合社会科学専攻 歴史社会研究分野 4612 B 春・夏 木曜日3時限  2単位

アジア社会史 II (近現代)

担当教員:加藤 圭木
【教授言語】

日本語

【学部・学年の指定】

大学院修士課程・博士後期課程

【授業科目の目的と概要】

朝鮮近代史史料演習—日露戦争前後—

・漢文史料読解を通じて、1904年前後の朝鮮について理解を深める。
・朝鮮近代史研究の基礎知識を身につける。
・朝鮮の漢文史料を通じて歴史を検討する方法を学ぶ。朝鮮近代史研究の基本史料の一つである漢文史料『梅泉野録』を読み進めることで、漢文読解力の向上を目指すとともに、朝鮮植民地化過程について理解を深めます。
『梅泉野録』は、黄玹(1855〜1910)による野史です。大院君政権から「韓国併合」までの時期の政治・外交上の問題、民族運動、社会・文化状況などが克明に記録されています。
今回は、1904年(光武8年)の5月以降の部分を読み進めます。

史料を読み進める際には、日朝間の外交文書や、『高宗実録』、大韓帝国の官報、朝鮮側の新聞資料なども適宜参照するようにします。

【授業の内容・計画】

履修者は、『梅泉野録』の書き下しと重要用語、史料内容から読み取れることについて、報告します。全員で、その内容を検討します。1 ガイダンス
2〜15 履修者による報告(漢文講読)

※必要に応じて、論文等の輪読を数回ほどおこなうかもしれません。

【テキスト・文献】

漢文のテキストについてはコピーを配布します。

このページの一番上へ