社会学研究科の授業情報

サイトトップへ戻る

サイトトップ > 社会学研究科授業情報 > 社会学研究科講義科目

社会学研究科講義科目

※ 当該講義情報の詳細は 本学学務情報システム・学生ポータル Mercas を参照してください。

研究科共通科目 研究基礎科目 4706 B 春・夏 水曜日2時限  2単位

社会科学研究の基礎 V

担当教員:田中 拓道
【教授言語】

日本語

【学部・学年の指定】

修士課程の大学院生。

【授業科目の目的と概要】

社会科学の代表的な古典や文献を対象としつつ、教員のレクチャーを組み合わせ、社会科学研究に必要な理論および方法の基礎を習得することを目指す。特に、定性的・定量的研究と理論研究をどのように架橋するのかに重点を置く。

講義では、まず「社会科学の方法」として、因果的推論の方法を扱った代表的な教科書のうち、定量的研究に力点を置く教科書、ケース・スタディに力点を置く教科書を読み比べ、それぞれの方法の強みと弱みについて議論する。次に、資本主義論、国家論、社会運動論を扱った代表的な古典や研究を取りあげ、その理論仮説、検証方法の妥当性について議論する。最後に、事例として担当者の専門である政治経済学(福祉国家論)を取り上げ、近年までの研究動向、方法について紹介し、討議する。

この講義の目的は、経験的研究(印刷資料やフィールドワークを用いた実証的な研究)や理論研究を行っている大学院生にたいして、どのように仮説を立てればよいか、どのような手順や方法にしたがって仮説を検証するか、どのようにリサーチ・デザインを組み立てればよいかについて、大学院以降の研究で必要な基準を示すことである。

【授業の内容・計画】

以下のテクストの一部を抜粋する。現時点の予定であり、開講までに若干の変更の可能性がある。

1 社会科学の方法

①久米『原因を推論する』
 雑誌『リヴァイアサン』所収の書評

②ジョージ、ベネット『社会科学のケース・スタディ』

2 資本主義論

③ハーヴェイ『新自由主義』

④ホール、ソスキス『資本主義の多様性』

⑤教員レクチャー:資本主義論の現在

3 国家論

⑥ウォーラーステイン『近代世界システム』

⑦エスピン-アンデルセン『福祉資本主義の三つの世界』

⑧アセモグル、ロビンソン『国家はなぜ衰退するのか』

⑨教員レクチャー:国家論の現在

4 社会運動論

⑩メルッチ『現在に生きる遊牧民』

⑪タロー『社会運動の力』

⑫教員レクチャー:社会運動論の現在

5 事例レクチャー:福祉国家論の研究動向

【テキスト・文献】

授業日程を参照。

このページの一番上へ