社会学研究科の授業情報

サイトトップへ戻る

サイトトップ > 社会学研究科授業情報 > 社会学研究科講義科目

社会学研究科講義科目

※ 当該講義情報の詳細は 本学学務情報システム・学生ポータル CELS を参照してください。

研究科共通科目 研究基礎科目 4716 B 春・夏 金曜日1時限  2単位

社会科学研究の基礎 IV

担当教員:菊谷 和宏
【教授言語】

日本語

【学部・学年の指定】

社会学研究科修士課程1年

【授業科目の目的と概要】

社会学の素養を(あまり)持っていないM1生を対象に、古典文献の精緻な読解と相互の議論を通じて。社会学の基礎知識とその独特の思考様式を批判的に身に付けることを目標とする。

【授業の内容・計画】

各自にテキストの担当箇所が割り当てられ、レジュメの作成が求められる。単にまとめるのではなく、各自の研究課題(修論テーマ)との関連性をできる限り詳細に示した上で、独自の論点を提起することが求められる。これを元に、議論をおこなう。

特に他大学出身者の中に、社会学の素養を(あまり)持たない者が見られる。そうしたM1生を主に念頭に置き、「みずから社会学的に考える」訓練の場としたい。その過程で社会学の基礎知識を伝える。したがって、積極的な参加(事前の深い下調べ、創造性ある問題提起、議論の場における的確な発言など)が期待される。

【テキスト・文献】

テキスト
・デュルケーム, E, 『社会学的方法の規準』, 講談社(講談社学術文庫)

(時間があれば次のテキストとして)
・トクヴィル, A de, 『アメリカのデモクラシー』, 岩波書店(岩波文庫, 全四冊)

ただし、実際の授業の展開と参加者の関心に応じて適宜追加/変更がありうる。

このページの一番上へ