社会学研究科の授業情報

サイトトップへ戻る

サイトトップ > 社会学研究科授業情報 > 社会学研究科講義科目

社会学研究科講義科目

※ 当該講義情報の詳細は 本学学務情報システム・学生ポータル Mercas を参照してください。

地球社会研究専攻 環境 4822 春・夏 木曜日2時限  2単位

地球環境と地域社会

担当教員:赤嶺 淳
【教授言語】

日本語

【学部・学年の指定】

修士以上。

【授業科目の目的と概要】

商品の生産から流通、生産といった一連の商品連鎖(commodity chains)を俯瞰し、それぞれがいかにつながっているかの比較検討を通じ、グローバリゼーションの実際を解明する。具体的には、マツタケのグローバリゼーションを論じたアナ・チン(カリフォルニア大学サンタクルース校教授)の話題作The Mushroom at the End of the World: On the Possibility of Life in Capitalist Ruins (2015, Princeton: Princeton Univ. Press, 331pp.)を教科書として使用し、チン氏の分析視角を取得する。

【授業の内容・計画】

教科書を読み進める。

【テキスト・文献】

Tsing, Anna. 2015. The Mushroom at the End of the World: On the Possibility of Life in Capitalist Ruins. Princeton: Princeton Univ. Press, 331pp., 978-0691162751.

このページの一番上へ