社会学研究科の授業情報

サイトトップへ戻る

サイトトップ > 社会学研究科授業情報 > 社会学研究科講義科目

社会学研究科講義科目

※ 当該講義情報の詳細は 本学学務情報システム・学生ポータル Mercas を参照してください。

地球社会研究専攻 平和 4812 A 春 月曜日2時限  木曜日2時限 2単位

国際正義論

担当教員:福富 満久
【教授言語】

日本語

【学部・学年の指定】

特になし

【授業科目の目的と概要】

世界は今やボーダレスな内戦状態にある、とはネグリとハートの言葉だが、人類は、武力紛争のみならず、独裁国家による人権弾圧、貧富格差と高失業問題、ネオ・リベラリズム(自由至上主義)による経済の不安定化や国際資本による搾取、資源や水などの環境問題等、地球規模の「内戦状態」を解決できずにいる。そこで、「国際正義」を念頭に、これらの諸問題について解決策はあるのか、なければ何が問題なのか、どのような政治システムが必要とされているのか、国際政治の諸理論を考察しながら、現代地球社会の諸問題の理解を深め、現代の地球社会がおかれている諸問題について分析できる能力を養うことを目標とする。

【授業の内容・計画】

本年は特に、軍事介入・人道的介入・人間の安全保障の3点に絞って議論していく。
破綻した国家に対し、介入はどのようになされるべきか。そして紛争後の世界をどのように構築していくべきか、紛争に至る前に手立てはないのかについて考えていく。シリア問題は、国際社会と国際社会が構成する国際秩序に重大な問いを投げかけている。大量虐殺に手を染める政府やその指導者は、ニュルンベルク綱領「人道に対する罪」で容赦なく犯罪者との烙印を押される。反体制派を「テロリスト」呼ばわりし、「正当な国家保安上の取り締まり」として大規模空爆を行うシリア政府は、犯罪者との烙印を押されることなく、自国民を殺害し続けている。なぜ、国連はシリアに対して人道的介入を行わないのだろうか。歴史、制度、思想から包括的に議論していく。
授業形態は、決定した文献を全員で輪読する。テーマごとに毎回1名の報告、教員による解説、全員による討論を考えているが、ドキュメンタリー映像などを見て全員で議論する場合もある

【テキスト・文献】

受講生の人数や関心に応じて、以下の参考文献等から選択する。
福富満久『国際平和論』【岩波テキストブックス】(岩波書店、2014年)
福富満久『Gゼロ時代のエネルギー地政学―シェール革命と米国の新秩序構想』(岩波書店、2015年)
小泉康一『国際強制移動の政治社会学』(勁草書房、2005年)
メアリー・カルドー『「人間の安全保障」論』(法政大学出版局、2011年)
イアン・ブレマー『「G0後」の世界』(日本経済新聞社、2012年)
ロバート・ライシュ『暴走する資本主義』(東洋経済新聞社、2008年)
ジョン・グレイ『グローバリズムという妄想』日本経済新聞社、1999年
エマニュエル・トッド『最後の転落』(藤原書店、2013年)

このページの一番上へ