社会学研究科の授業情報

サイトトップへ戻る

サイトトップ > 社会学研究科授業情報 > 社会学研究科講義科目

社会学研究科講義科目

※ 当該講義情報の詳細は 本学学務情報システム・学生ポータル Mercas を参照してください。

総合社会科学専攻 社会動態研究分野 4105 B 春・夏 金曜日2時限  2単位

社会調査 I

担当教員:小林 多寿子
【教授言語】

日本語

【学部・学年の指定】

修士一年以上

【授業科目の目的と概要】

経験社会学的な視点から質的調査研究の理論と実践をめぐる文献講読ならびに調査研究報告を中心におこなう。

専門社会調査士資格カリキュラムH科目である。

【授業の内容・計画】

1 授業の概要 ― 経験社会学的研究のためのリサーチ・デザイン
2 調査企画の視点を学ぶ 1 ― 歴史的出来事と社会調査
3 調査企画の視点を学ぶ 2 ― 社会階層研究と社会調査
4 調査企画の視点を学ぶ 3 ― 個人の人生と社会調査
5 調査対象と方法 1 ― 数量的調査とコーホート分析・パネル調査―縦断調査と横断調査
6 調査対象と方法 2 ― 当事者とフィールドワーク―参与観察という方法
7 リサーチ・デザイン 1 ― 問題の明確化・具体化―課題の析出・課題の背景
8 リサーチ・デザイン 2 ― 対象者と方法の可能性―問題設定と対象者の関係性から方法を考える
9 リサーチ・データと分析 1 ― アーカイヴ資料の探求と分析
10 リサーチ・データと分析 2 ― インタビューの技法と分析、言説分析
11 リサーチ・デザイン実践 1 ― 調査企画の具体化、対象の選定、調査票の設計・サンプリング
12 リサーチ・デザイン実践 2 ― 実査とデータ整理・集計・分析
13 リサーチ・デザイン実践 3 ― 調査成果のまとめ―書くこと・論じること・「立ち位置」の問題・調査課題への往還

【テキスト・文献】

小林多寿子編『ライフストーリー・ガイドブック』嵯峨野書院、2010年
その他、参考文献は授業中に紹介する。

このページの一番上へ