社会学部の授業情報

サイトトップへ戻る

社会学部ゼミナール

※ 当該ゼミナール情報の詳細は 本学学務情報システム・学生ポータル CELS を参照してください。

2019年度 石居 人也 学部後期ゼミナール (3年)(参考)

研究室: 第1研究館1階1101
メールアドレス:
オフィスアワー: 金曜12:40~13:10 (不在のこともあります。適宜日時を設定しますので、まずはE-mailにてご連絡ください。)
ゼミ曜日・時限: 金曜日4時限(4年演習)、金曜日5時限(3年演習)

【教授言語】

日本語

【ゼミナールの概要及び指導方法】

近代の日本社会を歴史的に分析するための知識や方法、洞察力を身につけるとともに、自らの研究テーマを見つけて分析・考察をかさね、最終的に卒業論文にまとめることを目指します。
3年次の夏学期には、受講生の関心に応じて選定する共通テキスト(文献・史料)についての読解・報告・議論をとおして、基礎的な知識や方法を修得します。冬学期には、各自の関心にもとづくテーマを設定したうえで、各自のテーマに即したテキスト(文献・史料)を素材とする報告・議論をおこない、問題関心を深めます。冬学期の終わりにゼミ論文(4000字程度)を作成し、各自のテーマについての関心と考察の到達点を確認します。
4年次には、夏学期のはじめに卒業論文にむけた方向づけをおこなったうえで、研究史の整理や史料の調査・分析をふまえた報告・議論をかさねます。冬学期には、論文の構成に即した報告をおこない、そこでの議論をふまえて卒業論文をまとめます(相談には随時応じます)。

またゼミ生と相談のうえ、フィールドワーク・ワークショップやゼミ合宿などをおこなう予定です(開催実績は下記のとおり)。歴史研究をおこなううえで、フィールドを歩くことによって、あるいは史料に触れることによって、得られる感覚を大切にして欲しいと思っています。
   2013年度夏学期 フィールドワーク(日野・高幡不動~幕末維新期を中心に~)
   2013年度夏休み ゼミ合宿(京都・大阪の近現代史を歩く)
   2013年度冬学期 フィールドワーク(羽村・福生~玉川上水から横田基地まで~)
   2014年度夏学期 フィールドワーク(台場から越中島・深川へ)
   2014年度夏休み ゼミ合宿(東北大学での被災史料レスキューと細倉鉱山・登米明治村踏査)
   2014年度冬学期 フィールドワーク(江戸東京たてもの園と小金井・国分寺)
   2015年度夏学期 フィールドワーク(駿河台から神保町・市ヶ谷へ)
   2015年度夏休み ワークショップ(東北大学での被災史料レスキューと仙台市内踏査)
   2015年度冬学期 フィールドワーク(宮内庁書陵部と皇居)
   2015年度春休み ゼミ合宿(長崎と軍艦島)
   2016年度夏学期 フィールドワーク(横浜~山手から関内へ~)
   2016年度夏休み ゼミ合宿(広島・呉・江田島)
   2016年度冬学期 フィールドワーク(国立ハンセン病資料館と多磨全生園)
   2016年度春休み ワークショップ(東北大学での被災史料レスキューと松島踏査)
   2017年度春夏学期 フィールドワーク(横須賀~軍と港と猿島と~)
   2017年度夏休み ゼミ合宿(函館=箱館から札幌へ)
   2017年度秋冬学期 フィールドワーク(江戸東京たてもの園とガスミュージアム)
   2017年度春休み ワークショップ(東北大学での被災史料レスキューと仙台市内踏査)
   2018年度春夏学期 フィールドワーク(築地から浜離宮へ)
   2018年度夏休み ゼミ合宿(島原・長崎)
   2018年度秋冬学期 フィールドワーク(三鷹・調布・府中)
   2018年度春休み ワークショップ(東北大学での被災史料レスキューと松島踏査)

条件が許せば、3・4年生合同でゼミをおこないます。また、前後して開講する大学院ゼミとは、相互参加自由としています。ゼミ生同士の意見交換の機会が増え、多様なものの観方に触れることによって、一人ひとりの関心や考えが広まり、深まると考えるためです。
開講形態および開講時限については、ゼミ生と相談のうえ決定します。2018年度は、3・4年生合同で金曜3限に開講しました。2019年度も時間割上は金曜4限(4年ゼミ)・5限(3年ゼミ)ですが、おなじ形態・時限で開講できればと考えています。

 

【卒業論文タイトル事例】

・「戦前期多摩における地域間競争-八王子・立川の関係を中心に-」
・「近代沖縄思想史における「抑圧移譲」-太田朝敷・伊波普猷・久志芙沙子を中心に-」
・「明治後期・大正期中学生のライフコースの選択-陸軍士官学校・海軍兵学校進学者を中心に-」
・「水野広徳の思想とその社会的受容」
・「三河分県運動に影響を与えた、三河内部の事情-運動を内側から捉えなおす-」
・「昭和戦前期における農民の時間意識の変化」
・「横浜中華街の歴史と日本における中華料理の定着に関する考察」

【後期ゼミ用オフィスアワー】

適宜日時を設定しますので、まずはメールにてご連絡ください。

【オープン・ゼミの実施予定など】

以下2回のゼミをオープンゼミとします。
・2018年12月21日(金)3限
・2019年 1月11日(金)3限

教室はマーキュリータワー3508室です。教室がわかりにくいので、事前にご連絡をいただければ場所や入り方などをお伝えします。

当日はそれぞれ4年生が卒論にむけた報告をおこないます。途中の入退室は自由ですので、お気軽にお越しください。

このページの一番上へ