社会学部の授業情報

サイトトップへ戻る

社会学部ゼミナール

2018年度 久保 哲司 学部後期ゼミナール (3年)

※ 受講に当たっての参考資料、選考方法等については、 本学学務情報システム(Mercas) を参照して下さい

研究室: 時計台棟2階539
オフィスアワー: 月曜11:00~12:00 (事前に予約してください。)
ゼミ曜日・時限: 月曜日4時限(4年演習)、月曜日5時限(3年演習)

【教授言語】

日本語

【指導教員の専門分野】

ドイツ語圏の文学・芸術・思想

【ゼミナールの概要及び指導方法】

ヨーロッパ(主としてドイツ語圏)の文学・芸術・思想からテーマを選び、一緒に勉強していきます。
ヨーロッパのことを学びたい人だけでなく、ヨーロッパ文化との比較における日本文化の研究を志す人も受け入れます。
3年次は文献の講読が主になります(ドイツ語、英語または日本語)。
4年次は卒論指導が中心となります。

【使用するテキスト及び入手方法】

テキストは参加者の希望や語学力を考慮して決定します。入手方法は別途指示します。

【卒業論文タイトル事例】

『ツァラトゥストラ』という事業
特異の写真家中平卓馬
ヴァルター・ベンヤミンにおける芸術批評の概念
戸坂潤の空間論をめぐって
芸術作品における真理と美の関係
知性は芸術を阻害するか

【後期ゼミ用オフィスアワー】

月曜11:00~12:00 事前にメールで予約してください。

【オープン・ゼミの実施予定など】

現行のゼミの見学はいつでも可能。

このページの一番上へ