社会学部の授業情報

サイトトップへ戻る

サイトトップ > 社会学部授業情報 > 社会学部講義科目

社会学部講義科目

※ 当該講義情報の詳細は 本学学務情報システム・学生ポータル Mercas を参照してください。

人間行動研究分野 基礎科目 43203 冬 火曜日4時限  金曜日4時限 2単位

マスコミュニケーション基礎論

担当教員:稲葉 哲郎
【教授言語】

日本語

【学部・学年の指定】

マスコミュニケーション基礎論

【授業科目の目的と概要】

テレビなし,ケータイなしの生活を想像できないほど,メディアはわれわれにとって非常に身近なものとなっている。これまでのメディア・コミュニケーションがどのように発展してきたのか,そしてこれらに関連する産業が抱える問題はどのようなものか。新聞,放送(テレビ),インターネットという3つの分野を中心にマスコミュニケーション過程の特質を講義する。また、それらに付随して、ジャーナリズムに関するいくつかのトピックを講義する。
 新聞、放送(テレビ)、ネットなどの主要なメディアについて、制度、歴史、現状を理解する。これらのメディアの特徴を理解することによって、メディアリテラシーを身につける。
講義による。視聴覚教材を利用することによってより理解を深める。

【授業の内容・計画(回数・日付・テーマ等)】

新聞,放送(テレビ),インターネットという3つの分野を中心に歴史、制度、現在の問題点を講義する。・以下の各トピックについてそれぞれ1~2回講義する。

1. 大衆説得
2. マスコミュニケーションとは何か
3. 広告
4. 新聞
5. 放送
6. インターネット
7. ジャーナリズム
8. 選挙キャンペーン

【テキスト・文献】

テキストは使用しない。毎回プリントを配布する。
戸田山和久(2012)『新版論文の教室』NHK出版、などレポート作成に関する参考書を読んでおくとよい。

【キーワード】

情報・メディア

 

このページの一番上へ