社会学部の授業情報

サイトトップへ戻る

サイトトップ > 社会学部授業情報 > 社会学部講義科目

社会学部講義科目

※ 当該講義情報の詳細は 本学学務情報システム・学生ポータル CELS を参照してください。

人間行動研究分野 発展科目 47314 夏 火曜日2時限  金曜日2時限 2単位

Cultural Psychology

担当教員:宮本 百合
【教授言語】

英語

【学部・学年の指定】

全学部3年次以上・大学院学生対象

【授業科目の目的と概要】

この講義の目的は、文化心理学の視点や知見について学習することにある。そして、心の文化的差異について理解を深め、対処できるようになることに加えて、自分自身の文化的基盤について理解を深めることを目指す。この講義を通して、心理過程がどのように、文化的状況の中で形成されているかを理解し、説明できるようになることが望まれる。

【授業の内容・計画(回数・日付・テーマ等)】

1. 6/4 オリエンテーション・文化心理学とは何か
2. 6/7 文化と進化
3. 6/11 自己
4. 6/14 自己
5. 6/18 動機
6. 6/21 動機
7. 6/25 感情
8. 6/28 対人関係と集団
9. 7/2  認知と知覚
10. 7/5  言語
11. 7/9  発達と社会化
12. 7/12 発達と社会化
13. 7/16 多文化社会
14. 7/19 期末試験

【テキスト・文献】

テキストは用いない。主な参考書は以下。他の参考文献は授業内で紹介する。
・Heine, S. J. (2015). Cultural Psychology, Third Edition, New York: Norton.
・Chiu, C., & Hong, Y. (2006). Social Psychology of Culture. Psychology Press.

【キーワード】

文化、国家・市民社会・公共性、人権、グローバリゼーション、経済・開発

 

このページの一番上へ