社会学部の授業情報

サイトトップへ戻る

サイトトップ > 社会学部授業情報 > 社会学部講義科目

社会学部講義科目

※ 当該講義情報の詳細は 本学学務情報システム・学生ポータル Mercas を参照してください。

社会学科導入科目 40123 秋・冬 月曜日4時限  2単位

社会研究入門ゼミナール(森村 敏己)

担当教員:森村 敏己
【教授言語】

日本語

【学部・学年の指定】

社会学部1年生および2年生

【授業科目の目的と概要】

集合的記憶について考察する。個人的はなく、集団が共有する記憶、すなわち集合的記憶はその集団のアイデンティティの形成において重要な役割を果たす。この授業では、フランス史において集合的記憶を体現する事例を取り上げて、ナショナル・アイデンティティと記憶の関係を分析することを目指す。

【授業の内容・計画(回数・日付・テーマ等)】

テキストを講読する。報告者がテキストの内容を整理したレジュメを作成し、それをもとに議論を行う。

【テキスト・文献】

ピエール・ノラ編(谷川稔監訳)『記憶の場』第2巻、岩波書店、2003年。

【キーワード】

文化、国家・市民社会・公共性

 

このページの一番上へ