社会学部の授業情報

サイトトップへ戻る

サイトトップ > 社会学部授業情報 > 社会学部講義科目

社会学部講義科目

※ 当該講義情報の詳細は 本学学務情報システム・学生ポータル Mercas を参照してください。

社会学科導入科目 40114 秋・冬 木曜日1時限  2単位

社会研究入門ゼミナール(石居 人也)

担当教員:石居 人也
【教授言語】

日本語

【学部・学年の指定】

1年生以上

【授業科目の目的と概要】

歴史研究の論点や素材を扱う方法に触れつつ、近代の日本社会を考えることに主眼をおきます。
歴史資料(史料)を手にとり、調査・整理し、背景をさぐる作業をとおして、史料を歴史や歴史研究の文脈のなかに位置づけて理解するとともに、歴史研究の方法を身につけることを目指します。
授業は史料の調査・整理、関連文献の講読、議論を中心とした演習形式でおこないます。

【授業の内容・計画(回数・日付・テーマ等)】

歴史研究の素材である史料を調査・整理し、関連する文献を講読することで、その内容や背景について理解するとともに、そこからみえてくる歴史像について検討・議論します。
初講で歴史研究の概要と史料の調査・整理の方法についてレクチャーします。そのうえで、全員で実際の史料に触れながら調査・整理を進めます。調査・整理の進捗状況に応じて、適宜文献講読・議論をはさむこととします。

【テキスト・文献】

テキストは、適宜プリントしたものを配布します。
報告に際しては、担当者がレジュメを用意し、配布することとします。
参考文献は、適宜紹介します。

【キーワード】

文化、国家・市民社会・公共性、情報・メディア、人権、福祉・ケア、環境

 

このページの一番上へ