社会学部の授業情報

サイトトップへ戻る

サイトトップ > 社会学部授業情報 > 社会学部講義科目

社会学部講義科目

※ 当該講義情報の詳細は 本学学務情報システム・学生ポータル Mercas を参照してください。

人間・社会形成研究分野 基礎科目 44205 春 月曜日3時限  木曜日3時限 2単位

スポーツ社会学の基礎

担当教員:坂上 康博
【教授言語】

日本語

【学部・学年の指定】

全学部、2年生以上

【授業科目の目的と概要】

普段自明なものとして受け止め、無意識のうちに活動したり、見たりしているスポーツという現象、およびスポーツにまつわる社会現象を、社会科学の対象として認識し、分析すること。

 *スポーツを歴史的、社会的にさまざまな視点からとらえることができること。
 *スポーツを通して社会を把握する視点を醸成すること。
 *考察に必要な文献、資料、データ等を検索、収集し、それらを論理的に読み解いていくこと。

【授業の内容・計画(回数・日付・テーマ等)】

本授業でいう「スポーツ社会学」とは、スポーツの社会学(sociology)だけではなく、スポーツの社会科学 (social sciences)を意味し、より包括的な内容を扱う。
 授業は、4名の教員(坂上・坂・鈴木・尾崎)によるオムニバス形式で行い、スポーツとそれにまつわる社会現象を社会科学の視角から考察していく。普段自明なものとして受け止め、無意識のうちに活動したり見たりしているスポーツという現象を、社会科学の対象として認識し、分析することが目標となる。多様なスポーツに関わる事例を取り上げ、担当教員がそれぞれ、歴史学、社会政策/開発学、教育学、社会学などの分析視角、理論やモデル、手法などを用いて読み解いていく。
 各回の担当者とテーマは下記のとおり。
<坂上>
 第1回(6/4) スポーツの誕生―母国を探る
 第2回(6/7) スポーツの伝播と変容―オーストラリアを例に
 第3回(6/11)戦後日本のスポーツ文化史
<鈴木>
 第4回(6/14)スポーツと途上国開発―Kick4Life:レソト王国におけるサッカーを通じたHIV/AIDS教育
 第5回(6/18)スポーツと貧困・社会的排除―野武士ジャパンとダイバーシティカップ
 第6回(6/21)スポーツと都市開発―メガイベントの功罪を検証する
<尾崎>
 第7回(6/25)スポーツの制度―スポーツ政策の動向
 第8回(6/28)もうひとつの「しょうがい」スポーツ―障害のある人々のスポーツ
 第9回(7/2) スポーツ、社会、多様性―オーストラリアを例に
<坂>
 第10回(7/5)ジェンダーとスポーツ
 第11回(7/9)「文明化の過程」とスポーツ
 第12回(7/12)遊び論とスポーツ
<坂上>
 第13回(7/16)総括と補足

【テキスト・文献】

テキストは使用しない。それぞれの参考文献の詳細は、授業中に紹介する。以下は主なもの。

【坂上担当部分】
・多木浩二『スポーツを考える―身体・資本・ナショナリズム』ちくま新書、1995年
・レイモンド・トマ『新版スポーツの歴史』白水社文庫クセジェ、1993年
・トニー・メイソン『英国スポーツの文化』同文舘、1991年
・小倉純二他監修『フットボールの歴史』講談社、2004年

【鈴木担当部分】
・齊藤一彦・岡田千あき・鈴木直文編『スポーツと国際協力』大修館書店、2015年
・A.ジンバリスト『オリンピック経済幻想論』ブックマン社、2016年
・松村和則編『メガ・スポーツイベントの社会学』南窓社、2006年
・サイモン・クーパー、ステファン・シマンスキー『ジャパンはなぜ負けるのか』NHK出版、2010年

【尾崎担当部分】
・関春南『戦後日本のスポーツ政策』大修館書店
・藤田紀昭『障害者(アダプテッド)スポーツの世界―アダプテッド・スポーツとは何か』角川学芸出版
・藤川隆男編『オーストラリアの歴史』有斐閣

【坂担当部分】
・清野正義他編著『スポーツ・レジャー社会学 オールターナティブの現在』道和書院、1995年
・N. エリアス/D. ダニング『スポーツと文明化 興奮の探求』法政大学出版局、1995年
・B.Houlihan(ed),Sport and Society A Student Introduction, SAGE, 2003
・J.ホイジンガ『ホモ・ルーデンス』中公文庫、1973年
・R.カイヨワ『遊びと人間』講談社学術文庫、1990年
・井上俊『遊びの社会学』世界思想社、1977年

【キーワード】

文化、ジェンダー・セクシュアリティ、情報・メディア、福祉・ケア、経済・開発

 

このページの一番上へ