社会学部の授業情報

サイトトップへ戻る

サイトトップ > 社会学部授業情報 > 社会学部講義科目

社会学部講義科目

※ 当該講義情報の詳細は 本学学務情報システム・学生ポータル Mercas を参照してください。

社会学科導入科目 40109 冬 火曜日3時限  金曜日3時限 2単位

人類学概論

担当教員:久保 明教
【教授言語】

日本語

【学部・学年の指定】

学部一年生

【授業科目の目的と概要】

社会人類学は、「私たち人間とはどのようなものであり/どのようなものでありうるのか」を、世界中の様々な地域で暮らす人々の営みを調査・分析・比較することを通じて明らかにしていく学問です。

「~ありうるのか」という疑問文が入っているように、人類学的に考えることのスタート地点は、知識を増やして与えられた問題に解答できるようになることだけでなく、考えるべき問いを立てることにあります。

この授業では、人類学(および隣接諸学問)において基本的な分析語彙であり、日常的にも用いられる「文化」、「意味」、「社会」、「人間」といった言葉に対して、なんとなく分かっているつもりだけれども、それは一体どういうことなのだろうか? という問いを投げかけます。様々な事例や理論を参照しながら、これらの問いに取り組むことを通じて、問いを立て、整理し、組み替えていく、学問の基礎的な力を育むことを目指します。

【授業の内容・計画(回数・日付・テーマ等)】

講義スケジュール(暫定版)
第一回「文化って何だろう?」
第二回「意味って何だろう?」
第三回「言葉って何だろう?」
第四回「比べるって何だろう?」
第五回「社会って何だろう?」
第六回「贈り物って何だろう?」
第七回「家族って何だろう?」
第八回「責任って何だろう?」
第九回「科学って何だろう?」
第十回「自然って何だろう?」
第十一回「技術って何だろう?」
第十二回「他者って何だろう?」
第十三回「人間ってなんだろう?」

【テキスト・文献】

参考文献等は授業開始時に配布するレジュメに記載します。

【キーワード】

 

このページの一番上へ