社会学部の授業情報

サイトトップへ戻る

サイトトップ > 社会学部授業情報 > 社会学部講義科目

社会学部講義科目

※ 当該講義情報の詳細は 本学学務情報システム・学生ポータル Mercas を参照してください。

社会学科導入科目 40105 秋 木曜日2時限  1単位

導入ゼミナールⅡ

担当教員:倉田 良樹
【教授言語】

日本語

【学部・学年の指定】

社会学部1年生

【授業科目の目的と概要】

社会科学を学ぶうえで必要な学術リテラシーを身に付ける。

【授業の内容・計画(回数・日付・テーマ等)】

第1回 プレゼンテーションの方法とテーマの設定
第2回 社会科学の文献購読を通じて、古典的な思想や理論が現状分析にどう役立つかを学ぶ。文献購読の過程で読み方、書き方、論じ方を学ぶ①
第3回 社会科学の文献購読を通じて、古典的な思想や理論が現状分析にどう役立つかを学ぶ。文献購読の過程で読み方、書き方、論じ方を学ぶ②
第4回 社会科学の文献購読を通じて、古典的な思想や理論が現状分析にどう役立つかを学ぶ。文献購読の過程で読み方、書き方、論じ方を学ぶ③
第5回 社会科学の文献購読を通じて、古典的な思想や理論が現状分析にどう役立つかを学ぶ。文献購読の過程で読み方、書き方、論じ方を学ぶ④
第6回 社会科学の文献購読を通じて、古典的な思想や理論が現状分析にどう役立つかを学ぶ。文献購読の過程で読み方、書き方、論じ方を学ぶ⑤
第7回 社会科学の文献購読を通じて、古典的な思想や理論が現状分析にどう役立つかを学ぶ。文献購読の過程で読み方、書き方、論じ方を学ぶ⑥

【テキスト・文献】

井上達夫『現代の貧困:リベラリズムの日本社会論』岩波現代文庫

【キーワード】

 

このページの一番上へ