社会学部の授業情報

サイトトップへ戻る

サイトトップ > 社会学部授業情報 > 社会学部講義科目

社会学部講義科目

※ 当該講義情報の詳細は 本学学務情報システム・学生ポータル Mercas を参照してください。

科目群外講義 基礎科目 47206 春・夏 木曜日4時限  2単位

不動産の社会科学(三井不動産寄付講義)

担当教員:堂免 隆浩
【教授言語】

日本語

【学部・学年の指定】

学部の制限なし・2年生以上
(電算抽選科目です)

【授業科目の目的と概要】

モノづくりは、一般に理系の専門分野なのですが、不動産は文系出身者が携われる数少ない領域です。それは、不動産が単に建物を建設するのみでなく土地や建物を使いこなすことが求められ、ここに“人”および“社会”が介在するためです。
講義の内容は、“不動産”を切り口として、関連する社会科学の知識と、不動産の現場における最新の動向を情報提供することを目的に構成されます。
 全13回の授業の内、一橋大学の教員が、不動産をめぐる社会科学の理論を解説します。そして、三井不動産の職員をゲストスピーカーに招き、不動産の現場における最新の取り組みの紹介を行います。さらに、2018年度よりグループ演習を加えます。

【目的】
 1)不動産にかかわる社会科学の理論を理解する。
 2)不動産の現場における最新の取り組みを知る。
 3)不動産にかかわる将来を見通し構想する
 4)卒業後の進路選択の参考にする。

【概要】
 本授業は、講義形式およびグループ演習形式です。
 1)講義形式では、①一橋大学の教員による不動産に対する分析および理論の解説、および、②三井不動産職員による不動産業の現場における最新の動向の紹介を行う。
 2)グループ演習形式では、課題テーマに対して提案を発表していただきます。課題テーマは「10年先を見越した不動産事業の新展開」です。各グループは一つのトピックについて新展開を発表します。トピックは、(1)オフィスビル、(2)商業施設、(3)住宅、(4)海外、(5)開発事例(柏の葉等)です。初回に希望のトピックを第1位から第3位まで出していただき、1グループ5名程度になるよう教員が機会的にグループ分けを行います。第12回目と第13回目には報告会を開催します。報告会のリアクションペーパーでは、他のグループの発表に対する評価を書いて提出していただきます。

【想定する履修者と規模】
・熱意のある学部生を募り、最大100名での開講を予定
・グループ演習では、5名一組で最大20組を予定

【授業の内容・計画(回数・日付・テーマ等)】

「不動産」を対象として、下記の計画で講義を行う。
①4/12: ガイダンス(堂免隆浩)、不動産業概説(三井不動産:森泉泰和氏)【グループ演習:希望トピックの確認】
②4/19: 不動産の規制と誘導:歴史と原理(堂免隆浩)
③4/26: 景観・地域のマネジメント:協力の論理(堂免隆浩)
④5/10: 公共施設の民営化:NPMとその技法(堂免隆浩)【グループ演習:インストラクション・グループ分け】
⑤5/17: 開発事例紹介(柏の葉スマートシティ等)(三井不動産・担当者)
⑥5/24: オフィスビル事業(三井不動産・担当者)
⑦5/31: 商業施設事業(三井不動産・担当者)
⑧6/7: 分譲住宅事業(三井不動産・担当者)
⑨6/14: 海外事業(三井不動産・担当者)
⑩6/21: 不動産証券化事業(三井不動産・担当者)
⑪6/28: グループ演習個別相談(堂免隆浩)
⑫7/5: 【グループ演習】報告会
⑬7/12: 【グループ演習】報告会
*授業の順番の入れ替えや内容の変更がある場合、manabaで適宜お知らせします。

【テキスト・文献】

指定しない。
必要な資料、また、復習に活用できる文献等は授業内で適宜配布、また、紹介します。

【キーワード】

国家・市民社会・公共性、環境、経済・開発

都市政策、地域政策

このページの一番上へ