社会学部の授業情報

社会学部授業情報


サイトトップへ戻る

サイトトップ > 社会学部授業情報 > 社会学部講義科目

社会学部講義科目

社会学科導入科目 40104 冬学期・火曜日3時限 2単位

社会研究入門ゼミ

担当教員:足羽 與志子

1. 授業概要

【学部・学年の指定】

学部学生

【授業科目の目的】

人類学的視点から「テキスト」をクリティカルに読む基礎力を養う。
特に、「寓話」という表象を扱うことにより、フィクションとノンフィクションの境界線を批判的に扱い、いわゆる現代の私たちに意識に存在する「未開」のイマジネーションの在り方を問う。

【授業の科目の到達目標】

現代の「寓話(アレゴリー)」の在り方として、小説から映像、また多くの思想、イマジネーション、言説等をとらえていきたい。
特に、スリランカにおけるポスト紛争地域における仏教説話についての寺院壁画などを題材に、紛争や暴力、人間の性などについてストーリーが時代を超えて、汎用性をもつありかたに注目し、寓話の作り手、語り手としての自身のありかたを考えたい。また現代政治の在り方などについて、米国の大統領選挙、日本の国会運営等も現代社会からの寓話への新たなインパクトとしてとらえていきたい。

【授業の方法】

テキスト(小説、学術論文、映画、展覧会、音楽、現代アーツ、社会活動など広範囲に渡る表象活動)にあたり、各自がその解読を試み、ディスカッションを行う。

【他の授業科目との関連】

 

【教育課程の中での位置づけ】

 

2. 授業の内容・計画

【授業の内容】

 

【計画(回数、日付、テーマ等)】

 

【テキスト・参考文献】

リュドミラ・ウリツカヤ「通訳ダニエル・シュタイン」
オルハン・パムク「雪」
マイケル・オンダージュ「ライオンの皮をかぶって」
カズオ・イシグロ「忘れられた巨人」
宮崎駿「千と千尋の神隠し」
ティム・バートン「ビックフィッシュ」など
そのほか、米国大統領候補者のfacebook、日本の政党のfacebook など。

【授業時間外の学習(予習・復習等)】

 

3. 評価

【成績評価の方法】

出席、ディスカッションへの貢献度、レポートの内容によって総合的に評価する。

【成績評価基準の内容】

 

4. その他

【受講生に対するメッセージ】

学問分野はといません。知的好奇心のある学生、文字や映像などのテキストにあたることが楽しく、また実践的なフィールドで自分の感性や観察眼を挑発することが好きな学生に受講してほしいと思います。課題のテキスト(小説や映像もありますが)を、きちっとこなすという予習を行い、ゼミに赴ける学生が対象です。

【キーワード】

文化、言語・コミュニケーション、国家・市民社会・公共性、グローバリゼーション、平和・紛争・暴力

 

【その他】

課題のテキスト(小説や映像もありますが)を、きちっとこなすという予習を行い、ゼミに赴ける学生が対象です。

このページの一番上へ