社会学部の授業情報

サイトトップへ戻る

サイトトップ > 社会学部授業情報 > 社会学部講義科目

社会学部講義科目

※ 当該講義情報の詳細は 本学学務情報システム・学生ポータル Mercas を参照してください。

社会文化研究分野 発展科目 42316 春 月曜日3時限  木曜日3時限 2単位

言語社会学B

担当教員:糟谷 啓介
【教授言語】

日本語

【学部・学年の指定】

全学部、3・4年生。

【授業科目の目的と概要】

テキストに基づいて言語社会学の基礎的な考え方を講義する。授業の目的は、社会における言語のあり方に対する眼を養うことにある。

【授業の内容・計画(回数・日付・テーマ等)】

テキストに即して授業を進める。各回のテーマは以下の通り。
第1回 はじめに――言語学と言語社会学
第2回 ことばの「多様さ」に目を向ける
第3回 ことばの「変化」に目を向ける
第4回 「みずからことばを選択する人びと」という話者モデル
第5回 「多言語社会」という社会モデル
第6回 言語と方言
第7回 さまざまなことばの「変異」
第8回 談話・発話――相手や場面ごとに異なる話しかた
第9回 「ひとつの言語」を作りだす
第10回 ダイグロシアとバイリンガリズム
第11回 言語政策と言語計画
第12回 「多言語社会」における言語使用
第13回 グローバル化と多言語使用
第14回 期末試験

【テキスト・文献】

佐野直子『社会言語学のまなざし』三元社。
テキストは各自購入のこと。参考文献は授業内で指示する。

【キーワード】

文化、言語・コミュニケーション、情報・メディア

 

このページの一番上へ