社会学部の授業情報

サイトトップへ戻る

サイトトップ > 社会学部授業情報 > 社会学部講義科目

社会学部講義科目

※ 当該講義情報の詳細は 本学学務情報システム・学生ポータル Mercas を参照してください。

社会学科導入科目 40103 秋 火曜日3時限  金曜日3時限 2単位

社会科学概論Ⅱ

担当教員:貴堂 嘉之
【教授言語】

日本語

【学部・学年の指定】

社会学部1年生 選択必修科目(同名の科目から一つを選択)

【授業科目の目的と概要】

大学とは、学生と教員とがともに自ら学びあうことによって、新しい価値や思想を生み出す創造的な現場です。この原点に立ち返り、一年生の皆さんが自らの知的土台をしっかりと構築していく作業を手助けするのが、この講義のねらいです。大学ばかりでなく、多様な社会の現場においても「知」の創造者・生産者・編集者として生きていくための技法とマナーを学習します。
 春学期の講義での土台となる学習を踏まえ、秋学期の講義では、さまざまな専門分野の入口となる論点や理論を広く学びつつ、社会科学・人文科学の方法を体系的に学習していきます。 本講義は、春学期同様、社会科学・人文科学の初学者の皆さんを対象にして、三つのねらいをもって設計されています。
1)高校までとは違う自主的な学修スタイルを身につけること、
2)社会を知的に生きるために求められる「知の技法」を修得すること、
3)2年生以降の学修に必要な「知の羅針盤」を各自が構築すること、
以上をそれぞれの関心に即して、修得・達成することを目標とします。講義とディスカッションを組み合わせます。毎回、受講生との応答を組みこみ、受講者数に応じてグループ作業・発表など双方向的な形式となるよう授業を進めます。

【授業の内容・計画(回数・日付・テーマ等)】

本授業では、社会科学・人文科学の学びを始めるにあたり必要な「知の技法」、研究者としてのスタンスをまずは理解した上で、私自身の知の実践を知ってもらい、みなさんにも「知」の生産者として取り組むべき課題を見つけてほしいと思います。そして、学問としての方法論を身につけ、グローバル・スタディーズの導入となるアメリカ研究、ジェンダー/セクシュアリティ研究、人の移動研究、人権思想の歴史などについても学んでもらい、2年生以降の専門研究へと架橋することを目指します。

1 オリエンテーション(1)  9月19日
***注意事項:初回の授業のみ、時間割に掲載されている405ではなく、インテリジェントホールで行います。田中拓道先生と一緒に概論IIのオリエンテーションを行い、受講生の人数調整を行います。

 社会学部で学ぶ学問の広がりと方法(社会科学・人文科学とは何か)
 人(個)を起点に始めるHumanitiesの作法 /「常識」を疑う、自分を取り巻く権力を可視化する作業 / 社会を構想し、創造することのやりがい / グローバル時代を生きるということ / 英語力の重要性

2 オリエンテーション(2) 9月22日
「社会科学」「人文科学」のはじめかた —社会を変える、世界を変える—
(テキスト)渡辺靖『<文化>を捉え直す—カルチュラル・セキュリティの発想』(岩波新書)1章、2章

第一部:自分とは何者か?-研究する自分の立ち位置を問い直す-  9月26日
3.日本人とは何者か?
メディアが作る「日本」「日本人」/ ヘイト・スピーチと日本型排外主義 / 戸籍、国籍、パスポート
(テキスト)遠藤正敬『戸籍と無戸籍−「日本人」の輪郭』(人文書院、2017)
師岡康子『ヘイト・スピーチとは何か』(岩波新書、2013)
樋口直人『日本型排外主義—在特会・外国人参政権・東アジア地政学—』(名古屋大学出版会、2014)

4.ナショナリズムと人種・ジェンダー・エスニシティ   9月29日
国民国家論の整理、ナショナリズムとは何か、市民権(帰化、出生地/血統主義)
(テキスト) ベネディクト・アンダーソン『増補 想像の共同体—ナショナリズムの起源と流行』(NTT出版、1997)
 ジョン・トーピー『パスポートの発明—監視・シティズンシップ・国家—』(法政大学出版会、2008)
 岩下明裕『入門 国境学—領土、主権、イデオロギー』(中公新書、2016)

5.(番外)グローバル社会の教養講座 —UNESCO世界遺産から考える− 10月3日外部講師
 世界遺産検定事務局から外部講師(12月17日の検定で2級を目指そう)申込み〆切11月6日まで

6.グローバル化とアメリカ化、「人間の安全保障」という視点  10月6日
グローバル人材という罠 / 日本のアカデミズムのアメリカ的呪縛(親米、反米)について考える
戦後70年と日米関係、
 課題1:第一回レポート A4用紙で4000字程度(〆切11月7日の授業)二つのテーマ課題から選ぶ
 課題2:グループ発表の準備開始
  
第二部:方法論を身につける
7.「事実」とは何か?-ポスト真実の時代の史料論-    10月10日
 裁判における「事実」認定、事件での証拠などと対比させつつ、歴史学における史料をめぐる議論を紹介。公刊文書、インタビュー・口述資料、日記、視覚資料など史料論の初級編。
 
8.文献資料の集め方   10月13日
 各種図書館の使い方、資料検索の方法、オンライン・データベースの利用法、英語文献の読み方
 課題3:データーベースを使って、英文書のReviewエッセイを調べまとめる。

9. 10 グループ発表   10月17日、10月20日の二回
(昨年のテーマは、EU内の難民問題、フランス同時テロ、大学改革・奨学金問題、選挙権年齢引下げ、グローバル・イッシューとしての食糧問題、構造的暴力と民主主義、日本での多民族共生、性同一性障害への対応、沖縄基地問題、下流老人、日本の商店街など)

第三部:グローバル・スタディーズへの招待 10月24日、10月27日、11月3日
11.アメリカ研究入門 
12.ジェンダー・セクシュアリティ研究入門   
13.人の移動研究 -人種・エスニシティ研究の現在-  

期末試験  11月7日

【テキスト・文献】

予習のための課題は、manabaを通じて配布することにします。
テキストとして、渡辺靖『<文化>を捉え直すーカルチュラル・セキュリティの発想ー』(岩波新書、2015)を指定します。それ以外に、参考書として、
岩下明裕『入門 国境学ー領土、主権、イデオロギー』(中公新書、2016)
師岡康子『ヘイト・スピーチとは何か』(岩波新書、2013)
を挙げておきます。

【キーワード】

文化、言語・コミュニケーション、エスニシティ、ジェンダー・セクシュアリティ、国家・市民社会・公共性、情報・メディア、人権、福祉・ケア、グローバリゼーション、環境、経済・開発、平和・紛争・暴力

 

このページの一番上へ