社会学部の授業情報

社会学部授業情報


サイトトップへ戻る

サイトトップ > 社会学部授業情報 > 社会学部講義科目

社会学部講義科目

総合政策研究分野 発展科目 45301 夏学期・金曜日2時限 2単位

ヘルスケア政策

担当教員:猪飼 周平

1. 授業概要

【学部・学年の指定】

 

【授業科目の目的】

今日、日本のヘルスケアシステム(人々の健康を支援する社会システム)は、世紀単位の大きな転換点に差し掛かっている。それは、従来におけるような治療医学に主導された体系から、当事者の健康的な暮らしや人生を支援する体系へと移行しようとしていることを意味する。本講義では、このヘルスケアの変化の意義について、社会政策学・歴史学・社会学・経済学など各種のディシプリンを横断しつつ分析する。

【授業の科目の到達目標】

 

【授業の方法】

 

【他の授業科目との関連】

 

【教育課程の中での位置づけ】

 

2. 授業の内容・計画

【授業の内容】

本講義で主に取り扱う主なテーマは以下のとおりである。

1)医療・福祉・公衆衛生の位相
2)生活の質とはなにか
3)医師・看護師・病院
4)治療医学の世紀としての20世紀:病院の世紀
5)医療の社会化:社会は医療に何を求めてきたのか
6)病院と病床の戦後史
7)近代精神医療史
8)薬業史
9)ヘルスケアの未来:病院の世紀の終焉の意味すること

本講義に参加するにあたって、必ずしもヘルスケアに関する事前の知識を必要としてはいないが、本講義のテーマが先端的なものであるということには留意されたい。すなわち、すでに確立された知識の教授ではなく、学術的・政策的知識を生み出す現場を紹介することを意味している。したがって、整理された教科書的知識を学びたい学生には不向きである。

本講義は可能な限り対話的に進めたいと考えているので、履修者の規模は50名以下が望ましい。単位を取りやすい講義にはならないと思われるので、意欲のある学生以外は履修を控えていただきたい。

【計画(回数、日付、テーマ等)】

 

【テキスト・参考文献】

講義の中で適宜指示する。

【授業時間外の学習(予習・復習等)】

 

3. 評価

【成績評価の方法】

原則として出席点とレポートによる。履修学生が想定(50名)を超える場合、期末試験を行う可能性がある。

【成績評価基準の内容】

 

4. その他

【受講生に対するメッセージ】

 

【キーワード】

国家・市民社会・公共性、福祉・ケア

 

【その他】

 

このページの一番上へ