社会学部の授業情報

サイトトップへ戻る

サイトトップ > 社会学部授業情報 > 社会学部講義科目

社会学部講義科目

※ 当該講義情報の詳細は 本学学務情報システム・学生ポータル Mercas を参照してください。

社会動態研究分野 基礎科目 41201 秋 月曜日2時限  木曜日2時限 2単位

社会学理論

担当教員:多田 治
【教授言語】

日本語

【学部・学年の指定】

全学部2年生以上

【授業科目の目的と概要】

社会学には、面白くてためになる理論や考え方が豊富にある。それらをもっと日常生活に取り入れ、ヒントに役立ててみたい。そうした立場から本講義を行う。
社会学(理論)の初歩、入門的な知識については、夏学期開講・1年以上向け導入科目「社会学概論」で、テキスト『社会学理論のエッセンス』を使い、デュルケーム、ウェーバー、ゾンバルト、リースマン、ボードリヤール、ゴフマン、ブルデューらの学説を、わかりやすく伝えている。また並行して沖縄・ハワイ・東海道など各地の観光イメージや、江戸時代など歴史の諸事例の紹介・解説を通して、社会学の基本的な視点や考え方、面白さを具体的に伝えている。
本講義「社会学理論」はこれらの内容を土台にしつつ、『エッセンス』の続編に当たる『社会学理論のプラクティス』をテキストに、より掘り下げた内容を展開し、ナマの社会学的思考の面白さや奥深さを明快に伝えてゆく。もちろん社会学概論を未受講でも問題なく、理論→概論の順で受講してくれてもかまわない。
ただし位置づけ上、本講義・テキストは社会学入門後、第2ステップ(まさに2年生以上に相当)の学習・読みものに適した内容・レベルとなる。そのため社会学概論と本講義の両方を受講し、『エッセンス』と『プラクティス』を合わせ読んでもらえれば、いっそう有機的な理解を深めていけるようになっている。

【授業の内容・計画(回数・日付・テーマ等)】

(あくまで現時点の予定。一部、内容や順番に変更の可能性あり)
9/17(月) ①オリエンテーション
9/20(木) ②社会学のみかた:近代とは~知識が社会をつくる~(ギデンズなど)
9/24(月) ③社会的成功のため勤勉さと悪徳を求める若者たち――渋谷センター街のギャル・ギャル男トライブ(ゲスト:荒井先生・3章)
9/27(木) ④ウォーラーステインの世界システム論、なにがすごいのか(7章)
10/1(月) ⑤母乳育児からグローバルがみえる――多国籍フードビジネスと医療支配(ゲスト:永山先生・4章)
10/4(木) ⑥関係とプロセスの社会:エリアスの文明化・宮廷社会論(8章)
10/8(月) ⑦ドラッカー✕社会学~知識が社会をつくる~(ゲスト:井坂先生)
(この日に中間レポート提出)
10/11(木) ⑧ブルデュー社会学のエッセンス:教育・ジェンダー・結婚を中心に
10/15(月) ⑨中間レポートと教材の紹介・検討・コメント
10/18(木) ⑩宮廷社会と象徴資本――エリアスとブルデューの接続(9章)
10/22(月) ⑪国家形成史と現代の「貴族」―エリアスとブルデュー2(10章)
10/25(木) ⑫ネイションとエスニシティ、グローバル化と国民国家(ギデンズ)
(10/29(月) 補講日のため休講予定)
11/1(木) ⑬明治時代スタディーズ(この日に学期末レポート提出)

【テキスト・文献】

テキスト: 多田治編『社会学理論のプラクティス』くんぷる
2018年度「社会学理論」中間レポート用教材

参考文献:多田治『社会学理論のエッセンス』学文社
「水俣」を子どもたちに伝えるネットワーク・多田治・池田理知子『いま、「水俣」を伝える意味 原田正純講演録』くんぷる
多田治『沖縄イメージを旅する――柳田國男から移住ブームまで』中公新書ラクレ
多田治『沖縄イメージの誕生――青い海のカルチュラル・スタディーズ』東洋経済新報社

他にも授業やテキストのなかで多数指示する。

【キーワード】

文化、国家・市民社会・公共性、情報・メディア

知識、歴史

このページの一番上へ