社会学部の授業情報

サイトトップへ戻る

サイトトップ > 社会学部授業情報 > 社会学部講義科目

社会学部講義科目

※ 当該講義情報の詳細は 本学学務情報システム・学生ポータル Mercas を参照してください。

人間・社会形成研究分野 基礎科目 44208 秋 月曜日2時限  木曜日2時限 2単位

政治思想

担当教員:田中 拓道
【教授言語】

日本語

【学部・学年の指定】

学部2年生以上。

【授業科目の目的と概要】

1 概要

 この講義では、近代ヨーロッパの政治思想史と現代の政治理論を体系的に学習し、現代世界の法・政治制度を支える基本原理について理解を深めることを目指します。さらに、今日それらがどのような限界に直面し、どのような問い直しを迫られているかを検討することで、一人一人が自分の思想を鍛えるための材料を提供したいと思います。

2 到達目標

(1)近代の自由民主主義の基本原理を理解したうえで、それらが今日どのような課題に直面しているのかを説明できるようになること。
(2)今日の政治や社会にみられる具体的な課題を、国家と市場、平等と公正、普遍性と多元性、自由と権力などの抽象的な概念を使いながら分析でき、かつ自分の立場を説明できるようになること。

3 方法

 レジュメとパワーポイントを用いた講義とディスカッションを組み合わせます。講義では各思想の概要を確認したうえで、リーディングアサインメントとして指定した資料の読解についてグループで話し合い、さらに各思想を現代のトピックと結びつけた討議事項についてディスカッションを行います。

【授業の内容・計画(回数・日付・テーマ等)】

第1部では「自由民主主義の形成と変容」として、近代ヨーロッパ政治思想の流れを(1)19世紀初頭までの基本原理の確立期、(2)19世紀から20世紀の変容期の順にふり返ります。
 第2部では「現代政治理論の展開」として、(1)リベラリズムの再定義とその批判、(2)現代権力論、(3)現代デモクラシー論の展開の三点を検討します。

第1部 自由民主主義の形成と変容

(1)国家
   主権という概念を理解する。
   トマス・アクィナス、ホッブズ、シュミット

(2)市場
   自由主義における国家と市場の役割を理解する。
   ロック、スミス

(3)公共性
   近代デモクラシーの基本原理について理解する。
   ルソー、カント

(4)自由主義への批判
   近代自由主義の限界について理解する。
   ヘーゲル、マルクス

(5)民主主義への懐疑
   近代デモクラシーの限界について理解する。
   トクヴィル、シュンペーター

第2部 現代政治理論の展開
 
(6)共和主義の復権
   現代デモクラシーの原理と批判について理解する。 
   ダール、アレント

(7)リベラリズムの再構成(1)
   新自由主義について理解する。
   バーリン、ハイエク、フリードマン

(8)リベラリズムの再構成(2)
   リベラリズム、現代平等論の展開について理解する。
   ロールズ、セン

(9)コミュニタリアニズムの挑戦
   コミュニタリアニズムのロールズ批判について理解する。
   サンデル、テイラー、マッキンタイア

(10)差異と多元性
   政治理論における普遍主義と多元主義の対立について理解する。
   マルチカルチュラリズム、フェミニズム

(11)現代権力論
   権力とは何かについて理解する。
   ルークス、フーコーとポストモダニズム

(12)現代デモクラシー論
   現代デモクラシー論の展開について理解する。
   ハバーマス、ギデンズ、ムフ

(13)まとめ

【テキスト・文献】

教科書はありません。リーディング・アサインメントは政治理論の古典を抜粋した資料集を用意します。

ホッブズ『リヴァイアサン』
ロック『統治二論』
スミス『国富論』『道徳感情論』
ルソー『人間不平等起源論』『社会契約論』
カント『道徳形而上学原論』『永遠平和のために』
ヘーゲル『法哲学要綱』
マルクス『ヘーゲル法哲学批判序説』『ドイツ・イデオロギー』『資本論』
トクヴィル『アメリカにおけるデモクラシー』
シュンペーター『資本主義・社会主義・民主主義』
アレント『全体主義の起源』『人間の条件』
バーリン『二つの自由論』
フリードマン『資本主義と自由』
ハイエク『自由人の経済的秩序』
ロールズ『正義論』
サンデル『自由主義と正義の限界』
テイラー『自我の起源』
マッキンタイア『美徳なき時代』
セン『不平等の再検討』
オーキン『正義・ジェンダー・家族』
ルークス『現代権力論批判』
フーコー『監獄の誕生』『性の歴史』
ハバーマス『公共性の構造転換』『事実性と妥当性』
ムフ『政治的なるものの再興』『民主主義の逆説』

講義を理解する助けとなる参考図書として以下を挙げておきます。

福田歓一『政治学史』東京大学出版会、1985年
宇野重規『西洋政治思想史』有斐閣アルマ、2013年
川崎修・杉田敦編『新版 現代政治理論』有斐閣アルマ、2012年

その他の推奨文献は、授業の最初に配布します。

【キーワード】

エスニシティ、ジェンダー・セクシュアリティ、国家・市民社会・公共性、人権、福祉・ケア、平和・紛争・暴力

 

このページの一番上へ