社会学部の授業情報

サイトトップへ戻る

サイトトップ > 社会学部授業情報 > 社会学部講義科目

社会学部講義科目

※ 当該講義情報の詳細は 本学学務情報システム・学生ポータル Mercas を参照してください。

人間・社会形成研究分野 基礎科目 44206 冬 火曜日3時限  金曜日3時限 2単位

政治学

担当教員:田中 拓道
【教授言語】

日本語

【学部・学年の指定】

学部2年生以上。

【授業科目の目的と概要】

【目的】
政治学の入門的講義です。日本と先進諸国の政治を学術的に分析するための理論と概念を身に着けることを目指します。

【概要】
毎回の講義では、欧米諸国の経験から発展してきた政治学の理論と概念を紹介し、それらを用いて日本の現状を分析します。講義の途中で学生同士によるグループ・ディスカッションの時間を挟みます。

【授業の内容・計画(回数・日付・テーマ等)】

以下の予定ですが、講義開始までに若干変わる可能性があります。

1 オリエンテーション
2 政治とは何か;現代日本の政治
3 選挙と政党
4 議院内閣制と大統領制
5 制度とリーダーシップ
6 政官関係
7 利益政治の変容
8 デモクラシーの現在 ― メディアとポピュリズム
9 現代政治の対立軸①
10 現代政治の対立軸②
11 グローバル化と国家の変容
12 学生発表
13 講義のまとめ

【テキスト・文献】

教科書を指定しない代わりに、毎回の授業の補助として、10~20ページ程度のアサインメントを用意します。あらかじめ目を通したうえで授業に参加してください。

詳しい参考文献は毎回の授業で示しますが、標準的な参考文献を以下に挙げておきます。
久米郁男ほか『政治学(補訂版)』有斐閣、2011年
建林正彦ほか『比較政治制度論』有斐閣アルマ、2008年

【キーワード】

ジェンダー・セクシュアリティ、国家・市民社会・公共性、グローバリゼーション

 

このページの一番上へ