社会学部の授業情報

サイトトップへ戻る

サイトトップ > 社会学部授業情報 > 社会学部講義科目

社会学部講義科目

※ 当該講義情報の詳細は 本学学務情報システム・学生ポータル Mercas を参照してください。

歴史社会研究分野 基礎科目 46206 秋・冬 月曜日3時限  2単位

社会史史料講読(ヨーロッパ)A

担当教員:秋山 晋吾
【教授言語】

日本語

【学部・学年の指定】

2年生以上

【授業科目の目的と概要】

ヨーロッパ史の専門的な研究文献を英文で丁寧に読む経験を積むことが目的です。
英語読解力の向上だけでなく、ヨーロッパ全域に関する地名・人名、歴史学用語についての知識を広める訓練をします。

【授業の内容・計画(回数・日付・テーマ等)】

19世紀末―20世紀初頭のハプスブルク君主国における政治的シンボリズムに関する論文を読みます。
毎回、受講生による翻訳により進めていきます。

Laurence Cole & Daniel Unowsky (eds.), The Limits of Loyalty: Imperial Symbolism, Popular Allegiances, and State Patriotism in the Late Habsburg Monarchy, NY/Oxford, 2007.

【テキスト・文献】

Laurence Cole & Daniel Unowsky (eds.), The Limits of Loyalty: Imperial Symbolism, Popular Allegiances, and State Patriotism in the Late Habsburg Monarchy, NY/Oxford, 2007.から、下記の論文。
Ernst Bruckmüller, Patriotic and National Myths: National Consciousness and Elementary School Education in Imperial Austria
Alice Freifeld, Empress Elisabeth as Hungarian Queen: The Use of Celebrity Monarchism

【キーワード】

エスニシティ、国家・市民社会・公共性

 

このページの一番上へ