社会学部の授業情報

サイトトップへ戻る

サイトトップ > 社会学部授業情報 > 社会学部講義科目

社会学部講義科目

※ 当該講義情報の詳細は 本学学務情報システム・学生ポータル CELS を参照してください。

人間行動研究分野 基礎科目 43213 秋 月曜日3時限  木曜日3時限 2単位

地域研究A

担当教員:上田 元
【教授言語】

日本語

【学部・学年の指定】

各学部2年生以上

【授業科目の目的と概要】

事例を示しながら「地域研究」と「地域」についての諸論を検討し,地域における社会経済と環境の変動を「グローカルに」(グローバルに,かつローカルに)とらえます。サブサハラ・アフリカ(サハラ以南アフリカ)の諸地域を多く扱いますが,受講者がレポート等の課題に取り組む際には,他の地域を取り上げることを認めます。

・対象とする地域の社会経済と環境利用を,グローバルなシステム・ネットワークのなかで理解します。
・諸地域の歴史と地誌を検討し,現代世界を理解する視野を広げます。
・とくに環境を利用し管理する人々の生業に注目しながら,地域社会経済の動態を考察する力を習得します。
・この地域における社会経済と環境・資源を関連づける言説のもつ特徴と,それが実社会に与える影響について考えます。
・世界諸地域を相互に比較する力を養います。

【授業の内容・計画(回数・日付・テーマ等)】

第1回 地域研究と「地球社会の課題」
第2回 地域研究論争
第3回 地域の概念と方法:システム・ネットワーク
第4回 地域における因果関係
第5回 グローバル化と地域:農村の社会経済と環境
第6回 グローバル化と地域:農村生計の共同性とレジリエンス
第7回 自然環境と地域:「地球環境変動」と農村開発
第8回 自然環境と地域:「環境安全保障論」批判
第9回 地域研究とミクローマクロ・ギャップ
第10回 地域経済統合と個別地域
第11回 マルチサイテッド(多所的)な地域研究
第12回 地域概念の相対化:海域世界研究,ボーダースタディーズ
第13回 地域研究への社会的要請とオリエンタリズム

【テキスト・文献】

この授業は1冊のテキストに沿った講義ではありませんが,次の参考書を紹介しておきます。

島田周平・上田元編(2017):『アフリカ』(世界地誌シリーズ8),朝倉書店.

このほか,適宜,参考文献を紹介します。

【キーワード】

エスニシティ、国家・市民社会・公共性、グローバリゼーション、環境、経済・開発、平和・紛争・暴力

 

このページの一番上へ